Surf Guide Service from Tokyo

ショートボード、ロングボード、ボディボード、サーフィンのことならこのサーフィン専門サイトにおまかせください。
MENU

少年たちによって

自作サーフボードが生み出された

 

 

Surf Guide Service from Tokyo

60年代半ばごろ、地元の少年たちが自作して作ったボード(フロート)というものが生まれました。

 

当時そこにいたアメリカ人や欧米人たちのボードをみよう見まねて作られたものと思われます。

 

その少年たちによって立ち上げられたのが日本サーフィン連盟です。

 

 

 

 

サーフィンの多様化

 

 

Surf Guide Service from Tokyo

サーフィンのスタイルもだんだんと変わってきたのも事実ですね。

 

例えば・・あしにひれを付けてお腹を下に寝そべっている状態で手でぱどリングをするボディボードも今ではかなり浸透してきていますね。

 

それからトゥーインサーフィンという新たな分野のサーフィンもあります。これはジェットスキーでヘルプしてもらながら大きな波に乗るのを
楽しむサーフィンです。

 

 

欧米諸国では・・

 

Surf Guide Service from Tokyo

特に欧米諸国、カリフォルニア、ハワイ、オーストラリアなど自然の多い国ではサーフィンに対しての熱い思いがひしひしと伝わってくるようにさかんなスポーツとして取り上げられていることも事実です。

 

大会などに力を入れている国々の代表ともいえるでしょう。

 

各サーフィンクラブではそれぞれ独自のスタイルを持っていて
どれも個性的で自分たちのスタイルをきちんと持っていて個性が光っています。

スポンサーリンク

  

サーフィンの歴史

サーフィンが日本へ来た由来

サーフィンのいろは

お役立ちリンク集

このページの先頭へ